むちうち慰謝料での相場の内容に関して

交通事故で一番多い怪我の被害としてあげられるむちうちですが、むちうち慰謝料での相場の内容に関してはさまざまであることが事例で上がっています。軽いうちみのようにも思えますが、実は後遺障害にも繋がってしまう重い症状のことを指します。

そうした際に後々後悔をしてしまうことがありますので、まずはインターネットで相場を調べたり、交通事故相談を専門家や法律かにするようにしましょう。そうすることでしっかりとした内容を知ることができますので、それをもとに交渉をおこなうこともできるでしょう。確実な方法は弁護士に依頼をおこなうべきでしょう。

相場が無ければむちうち慰謝料は厳しい

かなり厳しい金額を請求される可能性もありますから、事例による判断によっては、むちうち慰謝料は高くなってしまうと考えてください。もちろん高額になっている以上は、相場通りに支払っていくこととなるでしょう。もし相場がなくなっていたら、水掛け論の状態になってしまうのは避けられません。かなり高額な費用を払うことになっても、断ってしまえばいいのです。

事例がしっかりと作られて、その積み重ねで生まれている金額がありますので、支持に従う形にして支払いを行ってください。かなり高額な支払いとなった場合でも、決められていることですから仕方ないです。

相場、むちうち慰謝料の場合

交通事故にあってしまった時には様々なお金が動きます。その内の一つがむちうち慰謝料で、過去にいろんな事例があり、金額でトラブルが多く、相場がわかりづらいのもこちらです。

なぜかというとむちうちは「治った!」ということが外から見てわかりづらく、伝わりにくいので、どうしても揉めてしまうのです。弁護士に間に入ってもらって調整をしてもらうこともありますがその時に利用されるのが弁護士基準と呼ばれる過去の事例に基づいて請求するものです。交通事故案件に関しては過去の例をどれくらい知っているのかによってかなり話の進め方が変わってきます。

交通事故のむちうち慰謝料相場について

むちうちというのは、交通事故などの衝突事故で首やその周辺を打ち身や捻挫、骨折などを通称むち打ち症といいます。むちうち慰謝料はダメージの大きさや、計算方法によって違います。自賠責基準なら、1日4200円で、2か月20日通院したとすると、20に2をかけて40×4200で、168000となります。

任意保険基準だと、通院二か月では、25万2000円です。弁護士・裁判基準だと、通院2か月では、36万から52万ほどになります。むちうちの相場は通院した日数によって変わっていきます。自動車の追突事故での事例では、6か月通院して、290万円ほどを得ることができます。

追突事故でのむちうち慰謝料

むちうちの発生原因と言えば、追突事故でしょう。その際にむちうち慰謝料を請求できますが、相場が気になる方もいます。そこで裁判所が下した過去の事例から判断する方法が一番よく、適切な慰謝料を把握することが可能です。むちうちは症状のレベルによって請求できる金額も異なってくるので、医師の診断結果をしっかり相手に伝える必要があります。

そうすれば慰謝料を安く提案されることも減りますし、弁護士に依頼を出すことで等級に合わせた慰謝料をしっかりと請求してもらえます。弁護士特約のある保険に加入していれば費用も負担してもらえます。

TOP > むちうち慰謝料の相場 > むちうち慰謝料での相場の内容に関して

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について