むちうち慰謝料の相場

交通事故に遭った場合の怪我の代表のひとつにむちうちがあります。では交通事故によるむちうち慰謝料の相場はいくらなのでしょうか。慰謝料を決めるための基準は3つありそれぞれ自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準と呼ばれています。

自賠責基準はこれらの事例の中でもっとも額が低く実通院日数の2倍か治療期間のどちらか少ないほうに4200円を掛けた額になります。任意保険基準は賠償金が120万円を超えた場合に適用され入院日数と通院日数によって額が決まります。弁護士基準は3つの中でもっとも金額が高くなっています。ただしこの基準の適用は弁護士を立てる必要があります。これらを踏まえた上で弁護士に相談すると良いでしょう。

むちうち慰謝料、気になる相場を調べる方法

自分がもしなってしまった時に気になってしまうのがむちうち慰謝料の相場がいくらかどうかです。特にむちうちに関しては事例や症状によって大きく金額が変わってきますので自分のような事例の場合にはどれくらいなのか、相場を知ることによってその後の交渉を有利に進めていくことができる可能性があります。

しかし周りにそういった経験をしたことがある人の方が珍しいと思いますので、一番手っ取り早く似たような案件を探す方法としてはやはりインターネットを利用してみるのがいいのではないでしょうか?法律事務所のサイトなどに詳細が載っていることがあります。

むちうち慰謝料の相場について知る

交通事故が起こってしまったような場合において、なんらかの被害が生じてしまうことでしょう。そうしたなかで慰謝料の交渉がおこなわれるわけですが、慰謝料の交渉の内容によっては受け取れる金額が左右されてしまいます。

交通事故の慰謝料に関しては3つの種類があり、むちうち慰謝料に関してもそうした基準がありますので、しっかりとした交渉をおこなうことで相場以上の慰謝料を受け取れるかも知れません。決して自分だけでは決めずに、まずは交通事故の案件や良い事例を出している専門家や、法律家に相談をしてみることをお勧めします。

相場が急激に変動するむちうち慰謝料

これまでの事例から、ほぼ金額はわかっていると判断できるのですが、意外と事例が変わってしまうなどの理由から、急激に相場が変動している傾向もあるのがむちうち慰謝料です。

最近になって、多くの問題が生まれていると判断されている傾向があるためで、どんどん相場が上昇しています。

ただ、下降している問題もありますので、かなり小さいものだとむちうち慰謝料が小さくなっていると考えてください。大きな費用を支払うことになったとしても、症状が重くなっているならどうしようもありません。提示されている金額をしっかり払いましょう。

交通事故におけるむちうち慰謝料の相場

むちうち慰謝料の相場を算定する場合には、交通事故が起きた際の被害度合いによってかなり変わります。後遺障害慰謝料や入通院慰謝料なども含まれますが、これらの慰謝料は、人それぞれの主観により変動するため、一概にいくらかを断定することができません。

しかし、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準の三点の基準で大体の慰謝料の相場を求めることができます。自賠責基準は賠償金の総額によって判断する場合、任意保険基準は入院と通院の期間を根拠とした場合、裁判所基準は金額請求の根拠を提示した上で、弁護士を通すことを前提とした場合になります。このように、むちうち慰謝料は以上の基準で求められます。

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について