ストレス軽減したいなら交通事故の慰謝料相談

怪我をしたばかりの状態で交通事故の慰謝料について保険会社と話をするのは大きなストレスになる事もありますので、相談して負担を軽くしたいですね。

交通事故相談で慰謝料の相談をすると、気持ちが楽になると感じられる人も少なくない様ですね。

交通事故の慰謝料相談をすると、いい方向に導いてくれるというのはもちろんの事ですが、気持ちの面でもゆとりが得られる事もあります。初めての事で戸惑う人も多いですが、交通事故の慰謝料相談を受けていると、一つずつ丁寧に教えてもらう事ができるでしょう。

交通事故の慰謝料相談でストレスが減ると、もしかすると回復も早くなるかもしれませんね。早期の完治を目標にしたいですね。

交通事故慰謝料の入通院慰謝料について

交通事故慰謝料には3つの種類があります。入通院慰謝料、後遺傷害慰謝料、死亡慰謝料がそれに当たります。慰謝料の金額は事例によっても違いますので、入通院慰謝料について具体的に説明します。

入通院慰謝料は入院、通院した日数により支払われる慰謝料のことで、自賠責保険による計算方法と弁護士基準による計算方法があります。自賠責保険で慰謝料は1日4,200円と定められており、治療期間もしくは実通院日数×2で算定されます。弁護士基準で考えた場合は、自賠責保険の約2倍が想定されます。実際に算定される場合は、弁護士などの専門家の判断を参考にして下さい。

死亡事故に関わる交通事故慰謝料について

交通事故は意図して起こるものではありませんが、もし起こしてしまった場合、巻き込まれてしまった場合に交通事故慰謝料の知識がある事は重要です。特に死亡事故の事例については、慰謝料が亡くなられた方の立場によって変化する事があるため紹介します。

まず死亡慰謝料は、自賠責保険によるものと弁護士基準によるものでは大きく異なります。自賠責保険による慰謝料は、本人の立場に関係無く350万円となります。弁護士基準の場合は、立場によって金額が変化し、2000万円から2800万円まで増減します。慰謝料に不満を持たれる事はよくある事ですのでトラブルになりそうな時は、一度、弁護士に相談されることをお勧めします。

交通事故慰謝料の注意するべき点

交通事故慰謝料は、交通事故で怪我をした人の精神的・肉体的な補償をする費用を決定する方法で、示談書を作成して話し合うケースが多いです。事例としては、交通事故で怪我をした人が、示談金として10万円と修理代を、怪我をさせた人に請求して、怪我の状態が思わしくないため示談書を保留するとします。

交通事故慰謝料は、示談が成立した金額で決定し、それ以上の金額が発生しても請求できなくなるため、怪我をした人は慎重に決定を望み、一方で怪我をさせた人はなるべく早く示談にしたいという、お互いのずれが生じることがあります。示談に至らない場合には、裁判で決定することになります。

交通事故慰謝料と弁護士基準について

交通事故慰謝料は弁護士に依頼することにより、大幅に増額します。さらにいうと、弁護士が介入して増額しない事例はほとんどありません。不運にも、交通事故で被害者になってしまったら、平均的な相場の額で賠償金を得ようとするだけでも、時間と手間がかかってしまうのが現実です。

保険会社に自力で交渉しても、納得のいく示談金額を得るのは難しいでしょう。最近の弁護士事務所の中には、示談金の増額がなければ、報酬0円という広告を打ち出しているところもあるほどです。弁護士基準で出される交通事故慰謝料はそのような面で見ても、より高額になるのが当然と言えます。

カテゴリー: 交通事故相談 タグ: , , パーマリンク

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について