交通事故弁護士への相談は保険会社が出てきてから

交通事故弁護士への相談は早ければ早いほど良いと言われていますが、無料なのは最初の1時間くらいなので、事故による怪我が軽傷ならば自分で解決してしまいたいという気持ちもわかります。

しかし、示談の場に保険会社の担当者が出てきたら、相手はプロなので素人では太刀打ちができません。嘘をついて相場よりも低い慰謝料で和解させられそうになっても見抜くことはできません。

こうなったら、すぐに和解はせずに弁護士に相談をすることがおすすめです。事故による怪我が重い場合には慰謝料の金額が倍以上に増額できることもあります。無料相談を有効活用しましょう。

頼りになる交通事故弁護士の存在

急な交通事故は誰しも避けたいことですが、起こってしまった場合は適切に対処しないと、とんでもないことになってしまう場合があります。適切に対処する際、頼りになるのが、交通事故弁護士です。

相談を受けてくれる、弁護士は全国各地にいます。そこでは、専門の弁護士が親身にさまざまな問題の相談に乗ってくれます。依頼内容は、交通事故の処理全般があります。ただし、依頼内容がふさわしくない場合などは、依頼自体に応じてくれない場合もあるので、注意が必要です。また、弁護士によって料金も違うので、それにも注意が必要となります。

トラブル解決へ導く交通事故弁護士へ相談

交通事故は全国でみると、1日で約1600件、年間で53万件(2016年)という凄い数の事故が起こっています。そのためどれだけ注意していてもいつかは事故にあってもおかしくありません。

スムーズにケガも少なく示談もすめば良いですが、相手の方と揉めてしまう場合も多々あります。そこで、揉める前に事故を起こしたときは、交通事故弁護士に相談をしましょう。もめてしまった場合の相手とのやりとりや、法的な条件など、様々な角度から手助けをしてくれます。事故にあった場合は自分で考えるのではなく、交通事故弁護士にすぐ連絡をとりましょう。

交通事故弁護士に依頼するメリット

交通事故弁護士の方に依頼するには費用がかかります。ただその分メリットが大きく分けて2つほどあります。まず一つ目に、交通事故弁護士にお願いしていない限り、自分で保険会社とやり取りをし、逐一連絡を取り合わなければなりません。

事故に遭っていて、更に忙しい合間に連絡を取り合う事はとてもストレスがかかります。弁護士の方にお願いした場合、弁護士の方がお話を進めてくださるので、電話でのやり取りもスムーズに進みます。二つ目に、示談金が大幅に増額するということです。弁護士が介入して増額しない事例はほとんどないです。以上のことから、多少なりとも費用がかかっても、その分メリットが多いという事が言えます

後悔しないためには交通事故弁護士に依頼を

交通事故ではさまざまな要因が絡み合うため、知識のない一般人が自力で対処するには限界があります。弁護士に依頼することに敷居の高さを感じる方がいるかもしれませんが、やはりここは専門家の力を借りるのが一番です。

弁護士の中には交通事故案件に特化した交通事故弁護士という方々が存在します。事務所まるごと交通事故専門とうたっているところもあるくらいです。交通事故弁護士に依頼するとざっと挙げるだけでも、過失割合が大幅に下がる、保険会社が提示した示談金より高くもらえる、後遺障害等級の認定が上がる、などメリットは大きいです。万が一の場合にはぜひ活用してください。

TOP > 交通事故弁護士 > 交通事故弁護士への相談は保険会社が出てきてから

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について