交通事故弁護士相談で多いのは過失割合です

交通事故は一瞬で起こります。その一瞬の間に、被害者と加害者が生まれたり、また、ぶつかりあってお互いに加害者であるようなことも出てきます。いずれにしても一番大切なことは過失割合です。それは、簡単に言えば、どちらにどれだけ事故原因を作るような落ち度があったかということです。

例えば、3:7のような比率で表します。その割合を話し合って決めて、それに基づいて相手から賠償額が支払われます。そこで、一番もめるのは、過失割合です。大きければ大きいほど自分が悪いということで、相手からお金は入ってきません。割合が小さいときに慰謝料として入ってきます。そのため、それに納得できないときは、交通事故弁護士に相談に行ってみることです。納得できる説明や金額を一緒に考えてくれます。

素人考えで示談をせず交通事故弁護士に相談をしよう

交通事故、それは突然人生を大きく変えてしまう出来事です。運転中に意識朦朧として暴走運転したり、歩道を歩いている時にいきなり突っ込むなどのニュースが後を絶ちません。

大抵の場合、加入している保険会社の担当者同士が交渉しますが、当人同士はその交渉に関わらないことも多く、被害者側の多くは弁護士まで探そうという心の余裕もなく、保険会社の提示してくる内容を、よく分からないまま鵜呑みにしてしまいがちです。怪我の程度や死亡に至る場合は、速やかに交通事故弁護士に相談すること、加入保険に弁護士付帯を付けるなどの対策が必要です。相手側の一方的な示談の鵜呑みを避けることが出来ます。

交通事故弁護士へ依頼する

交通事故弁護士というのは、一般的なイメージとして、交通事故に強い弁護士というイメージがあります。そのため自分が入会している保険に弁護士特約があるのならば、相談してみるのも良いかと思います。

メリットは、弁護士さんからの適切なアドバイスを期待できます。損害賠償や慰謝料も増額が期待できます。保険の弁護士利用特約を使うときは、事前に相談したい弁護士さんに、保険の特約を利用できるか確認が必要です。

交通事故は、当事者同士というより、加入している保険会社の力関係で、話が進む場合があります。自分の入っている保険会社の力が頼りないと思ったときには、しっかりした交通弁護士に頼ってみるといいかもしれません。

専門の交通事故弁護士への相談がオススメ

交通事故の件数は年々減ってきているものの、最近ではニュースなどで報道されているように複雑なトラブルや悪質なドライバーが事故を引き起こさせようとするなど交通事故に対する専門性の必要性が上がってきています。

そこでオススメなのが専門の交通事故弁護士への相談です。弁護士にはそれぞれ得意分野があり、刑事事件専門の弁護士や離婚問題専門の弁護士がおり、優秀な弁護士出会っても得意分野でなければ裁判で苦戦を強いられるのは間違いありません。交通事故に関することでお悩みの方は交通事故を専門としている弁護士に相談することにしましょう。

交通事故弁護士の介入によって変わることがある慰謝料

日々の暮らしの中で、不意に交通事故に巻き込まれてしまい、怪我を負ってしまうこともあることでしょう。このようなとき、交通事故の加害者と示談し、慰謝料の支払いを受けることがありますが、示談交渉の時点で交通事故弁護士の介入を受けた場合、事故の状況や後遺症の重さによって、また事例に応じて慰謝料額が増えることがあります。

交通事故の加害者は、加入している保険会社に連絡を取り、被害者と示談交渉を行うのが通例ですが、この時点で示談交渉を成立させてしまうと、後遺症が発生してしまった場合、示談金では治療が賄えない懸念がありますので、示談成立前に交通事故弁護士に相談することが良いでしょう。

TOP > 交通事故弁護士 > 交通事故弁護士相談で多いのは過失割合です

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について