交通事故弁護士相談で多いのは過失割合です

交通事故は一瞬で起こります。その一瞬の間に、被害者と加害者が生まれたり、また、ぶつかりあってお互いに加害者であるようなことも出てきます。いずれにしても一番大切なことは過失割合です。それは、簡単に言えば、どちらにどれだけ事故原因を作るような落ち度があったかということです。
例えば、3:7のような比率で表します。その割合を話し合って決めて、それに基づいて相手から賠償額が支払われます。そこで、一番もめるのは、過失割合です。大きければ大きいほど自分が悪いということで、相手からお金は入ってきません。割合が小さいときに慰謝料として入ってきます。そのため、それに納得できないときは、交通事故弁護士に相談に行ってみることです。納得できる説明や金額を一緒に考えてくれます。