交通事故後の対応はむちうち慰謝料相場を参照

むちうちは、自動車を運転している際に、追突事故や衝突事故を起こされた際に受ける衝撃により、首にダメージを受ける損傷のことです。むちうちになると、症状によっては、長期間の治療や通院になることや、治療費が膨大になってしまうこともあります。

加害者に慰謝料を請求する場合、むちうち慰謝料相場が参考となります。請求できるものは、治療に掛かった費用や通院のための費用、入院に掛かった費用などがあります。加害者に請求する場合は、自分で行うこともできますが、より正確な金額を請求するためにも、交通事故問題を専門に扱う交通事故弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。

複数の基準があるむちうち慰謝料相場

交通事故に遭ったときに多く現れる症状の1つがむちうちです。むちうちは、首に衝撃を受けたことにより起こります。むちうちになった場合、加害者に慰謝料を請求することができます。むちうち慰謝料相場は、自賠責基準では、慰謝料を含む賠償金が120万円を超えない場合に請求できます。この限度額を超えた場合は、任意保険での算出となります。任意保険では、入院期間と通院期間によって算出されます。裁判所基準での慰謝料は、交通事故弁護士を立てることが前提となります。どの慰謝料よりも高額な慰謝料を受けとることができますが、自ら手配が必要なため、時間も労力も他の請求方法よりもかかります。

むちうち慰謝料相場である3つの基準

交通事故に遭ってむちうちになった場合、加害者相手に慰謝料を請求することができます。その際のむちうち慰謝料相場には、3つの基準があります。自賠責基準と任意保険基準、最後に弁護士基準です。自賠責基準は自賠法に基づき、交通事故の被害者が最低限となる補償を受けるもので、金額は低めに設定されています。

次に任意保険基準は、保険会社は営利企業であり、加入者を増やすために保険料を安く設定しています。そのため、被害者への慰謝料も安く抑えようとする傾向があります。一方、弁護士基準は相手方と裁判をしたときや示談をしたときに用いられる基準で、最も高額です。慰謝料をもらいたければ、交通事故弁護士に相談しましょう。

むちうち慰謝料相場の詳細について

万が一、交通事故でむちうちと診断されてしまった場合、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の2つを請求することができます。入通院慰謝料は病院に通うことの精神的苦痛に対するものです。後遺障害慰謝料は、後遺症が1から14等級に認定された場合に発生するものです。

ちなみに、診察料や治療費は積極損害に分類されるため、慰謝料と別に請求されるものです。ここで、注意する点はむちうちが後遺障害として認定され難く、後遺障害慰謝料の支払いが受けられないことがあります。この他にも、むちうち慰謝料相場で疑問や詳細を知りたい方は、交通事故を専門とする交通事故弁護士に相談してください。

早めの交通事故弁護士への相談で変わるむちうち慰謝料相場

不運にも交通事故の被害者になってしまった場合、軽度の怪我の場合でもむちうち症を発症してしまう可能性があります。むちうち症の場合、事故直後なら首に重みを感じたり、首の鈍痛を感じる程度のことが多いですが、日を重ねるごとに痛みが増して障害が残ってしまうという場合もありえます。

こういった場合、事故の程度から相手の保険会社と早めの示談をしてしまうと、提示された慰謝料では十分ではない状態に陥ってしまう事例もあるようです。事故後早めに交通事故弁護士に相談しておくと、むちうち慰謝料相場は変わってきますので、後悔しないためにも専門家に任せることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク