交通事故慰謝料の内訳を知ろう

金額を見るだけでなく、交通事故慰謝料について詳しい内訳も知りたいですね。

また同じ程度の交通事故が発生した場合には、いくらの慰謝料が支払われるのかという相場がわかれば、わかりやすいかと思います。

これまでにたくさんの交通事故を解決に導いた経験が豊富な弁護士であれば、このような交通事故慰謝料における詳細も把握している事もあるでしょう。着実に交通事故慰謝料について解決したいのであれば、ぜひ法律家を通したいですね。

弁護士に交通事故慰謝料の示談をお願いしませんか

交通事故にあってしまった場合、加害者である相手に損害賠償請求をします。その場合、相手側が加入する保険会社の交渉担当とのやりとりになりますが、交通事故慰謝料には弁護士基準という水準があり、保険会社の基準よりもはるかに高額になることから、交通事故の交渉には弁護士に相談することが望ましいです。

弁護士に示談交渉を依頼することで、弁護士基準での慰謝料を得ることができます。弁護士費用は発生しますので、その交渉が弁護士に依頼する内容にふさわしいか検討してみましょう。最近は初回相談料無料の場合も多くありますので、気軽に利用してみるとよいです。

交通事故慰謝料の相場の考え方

交通事故慰謝料を決める判断材料は大きく分けると3つの基準が存在します。任意保険基準、自賠責基準、それに弁護士基準です。自賠責基準は交通事故で負傷した被害者に対して、法令で最低限の保障を行うことを目的としています。

任意保険基準は、自動車の保険会社が専用に設けている基準であり、自賠責保険基準に比べて多くの保障が受けられます。弁護士基準は裁判所の過去の判例が参考にされている基準のことで、自賠責基準や任意保険基準より高額な慰謝料が期待出来る場合が多いです。また、慰謝料は、精神的に与えられたものに対するだけでなく、治療費や入院雑費、通院費等を考慮した総額を考えることになります。

大きな交通事故慰謝料には指標が必要

大きな交通事故慰謝料を支払うことになった場合は、個人的な感情だけで支払うのではなく、指標などを湿してもらうことが大事です。指標というのは、ここでは弁護士基準が採用されます。弁護士が提示している金額を基準として、過失割合などを踏まえて最終的な慰謝料支払いを決めるのです。

交通事故慰謝料が高くなってしまう場合は、より弁護士基準が重要になってきて、指標として示してもらうことが大事です。提示されている金額がおもったよりも高いように感じられても、事故の状況などから多くの慰謝料支払いが起きることも理解しておきましょう。

提案された交通事故慰謝料で我慢する

もっと交通事故慰謝料を欲しいと思っても、弁護士基準によって決められている金額であれば、我慢することも大事になります。弁護士が決めている基準に該当している金額だと、これ以上の金額に引き上げるには、相手側にもどうして貰う必要があります。

交通事故慰謝料を高くしないために、相手の方も弁護士を立てていることが多いです。相手の弁護士が同意しなくて、弁護士基準に沿って支払いを行うべきと言われてしまうと、高額な慰謝料というのは得られない傾向があります。できることなら提示された金額で納得し、慰謝料を受けたほうが良いです。

カテゴリー: 交通事故相談, 損害賠償金 タグ: , , , パーマリンク

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について