交通事故慰謝料の相談の方法とは

自賠責保険の対象となる交通事故の特徴に関しては、一般の人々にとって、適切な判断をすることが難しいといわれています。そこで、身近な弁護士に相談をすることによって、交通事故慰謝料の請求の方法をきちんと把握することが可能となります。

現在では、交通事故の問題に詳しい弁護士の取り組みについて、様々なメディアで紹介されることがありますが、依頼者の口コミを参考にしながら、理想的な相談先を選ぶことが望ましいといえます。また、複雑な交通事故のトラブルについては、経験豊かなプロに対処を任せることがポイントとなります。

交通事故慰謝料に関して

交通事故慰謝料に関してですが、そもそも交通事故は必ず警察を呼ばなければなりません。そして必ず保険に入っておかなければなりません。保険に入っておかなければ、相手方に慰謝料を請求するのは難しいですけど、保険に入っていれば、保険会社に電話をしましたら、保険会社が事故処理や慰謝料の相場を算定して頂けます。

保険会社が全部して頂けまして、簡単な事故で交通事故慰謝料弁護士基準3000円です。後は保険会社がやってくれます。必ず保険に入っておかなければなりません。まず警察に電話してそして保険会社に電話しましょう。そうすれば解決できます。

交通事故慰謝料の保証の割合について

日常自動車に乗って生活をする上で交通事故といつも隣合わせです。不運にも交通事故に遭った時の為に、自動車保険は大事な備えです。そこで万が一交通事故に遭った際には、やはり自動車保険での手厚い保証が助かります。

そこで自動車保険の保証の内、慰謝料は、保証の割合に基準があり、「任意の保険基準」と、弁護士が仲裁に入り裁判で決定する、「交通事故慰謝料弁護士基準」という複数の基準があります。そして、任意保険の保証と弁護士が定める保証とでは倍以上の保証の割合に違いがあります。事故に遭った時には今後の事を考え、保証についてじっくり考えて話しを進めていく事をおすすめします。

自転車事故による交通事故慰謝料について

最近、報道などで自転車事故による高額な交通事故慰謝料について聞くことがあります。自動車運転では自賠責保険など法律で義務付けられた保険が必須となっていますが、自転車の場合はこのような保険の付保は義務付けられていないどころか、免許も必要なく、賠償責任の知識がない未成年の運転が可能であり、時によって、このような方々による危険な運転が第三者を傷つけてしまうことがあるようです。

被害者に後遺症が残ったり、死亡したりした場合には弁護士基準で高額な賠償金が求められることもあり、このようなリスクに対応するために自転車運転においても保険をかけておくことが重要であると考えられます。

交通事故慰謝料はいくらもらえるのか

交通事故慰謝料の相場には3つの基準があります。自賠責保険によって定められた自賠責基準、任意保険によって独自に設定された任意保険基準、裁判所の過去の判例をもとに算出された基準の裁判所基準です。

弁護士基準は、自賠責基準や任意保険基準と比較すると、はるかに高い金額が設定されていて、弁護士に依頼することで最も高い基準での慰謝料を請求することができます。交通事故で支払う慰謝料は「賠償金」の一部とされ、人身事故で発生した賠償金には、慰謝料のほかにも治療費や通院費、休業損害や損失利益などがあります。また慰謝料には後遺障害慰謝料や入通院慰謝料、死亡慰謝料の3種類があります。

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について