交通事故慰謝料の相談は事故直後が大切です。

起きてしまった交通事故をきちんとしようとすると、とても厳密な作業で本当に大変です。例えば、相手がぶつかってきた時は、自分の車は少しでも動いていたのか、それとも止まっていたのか?などというところで、停車中か、それとも徐行していたのかで、過失割合が大きく変わってしまいます。

そのため、事故直後の対応が大切です。事故直後にも関わらず、普段意識したこともないような視点で自分の行動を説明し、事故調書を作成したり、お互いの過失割合を話し合わなければなりません。そのため、ちょっとした言い回しや言葉不足が不利になってしまいます。そこで、事故の直後から相談できる弁護士を呼ぶとかなり有利です。何についてどう話すか?で交通事故慰謝料の金額が多く変わってきます。

交通事故慰謝料に関連したポイント

交通事故にあった時、怪我や病院などに通ったりした金銭の他にも、車の修理などに必要な額を請求できる交通事故慰謝料に関して、金額は主に事故にあわれた方の怪我の程度によって違いが出てきます。1日の保証や病院に通った回数によってです。

交通事故で弁護士に相談事をすれば、弁護士基準がありますのでその時に起こった事故内容や事故状況、怪我の程度や現場がどのような状況なのかをしっかりと話しましょう。そうすることで弁護士が色々な質問の内容を理解し、弁護士基準から金銭に関する計算をしっかりとしてくれます。そうすれば交通事故慰謝料も明示することが出来ます。

知らないと損する交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の費用は、加害者が入っている保険会社が支払うもので、治療費や入通院費、仕事ができない期間の損害費、事故の結果の精神的負担への慰謝料などが含まれます。慰謝料の基準として治療にかかった期間のより左右されます。

通院期間の長さだけでなく、通院頻度(回数)によって慰謝料の額は大きく変わります。ただ被害者の方だけで交渉した場合、保険会社が相場水準の慰謝料を支払ってくれないケースがあります。裁判や相手側との示談をする場合に弁護士を間に入れて行う弁護士基準の相場というものがあり、金額も自賠責基準や任意保険基準よりも高くなる可能性があるので、まずはご相談してみることをお奨めします。

実際に払われる交通事故慰謝料はほとんどが自賠責保険から

信号を無視して突然飛び出してきた車によって衝突し、病院通いを強いられた人のお話しです。警察、病院の手配は全てその人自身がしたそうです。保険会社の対応に不安を感じ、弁護士に相談して保険会社と話してもらったそうですが、事故専門の弁護士ではなく交通事故慰謝料に強い弁護士基準が必要となります。

交通事故慰謝料はいわゆる病院代、交通費、見舞い金でなりたっています。見舞い金だけのことだと思っている方も多いと思いますが、実際には事故の怪我の場合は、見舞い金は慰謝料の一部となり、被害者が思っている程受け取れないことが多いようです。

弁護士への依頼によって変わることがある交通事故慰謝料

日々の暮らしの中で、思いがけず交通事故に巻き込まれてしまい、怪我をしてしまうこともあるでしょう。こういった時、交通事故の加害者と示談し、慰謝料の支払いを受けることがありますが、示談交渉の時点で弁護士に依頼した場合、後遺症の重さや事故の状況、また交通事故慰謝料 弁護士基準に応じて慰謝料額が増えることがあります。

交通事故の加害者は保険会社に連絡を取り、被害者との示談交渉を行うことが一般的ですが、この時点で示談交渉を成立させてしまうと、後で後遺症が出てしまった場合、示談金では治療が賄えない可能性がありますので、示談成立前に弁護士に相談することが良いでしょう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料の相談は事故直後が大切です。

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について