交通事故慰謝料の相談は事故直後が大切です。

起きてしまった交通事故をきちんとしようとすると、とても厳密な作業で本当に大変です。例えば、相手がぶつかってきた時は、自分の車は少しでも動いていたのか、それとも止まっていたのか?などというところで、停車中か、それとも徐行していたのかで、過失割合が大きく変わってしまいます。
そのため、事故直後の対応が大切です。事故直後にも関わらず、普段意識したこともないような視点で自分の行動を説明し、事故調書を作成したり、お互いの過失割合を話し合わなければなりません。そのため、ちょっとした言い回しや言葉不足が不利になってしまいます。そこで、事故の直後から相談できる弁護士を呼ぶとかなり有利です。何についてどう話すか?で交通事故慰謝料の金額が多く変わってきます。