交通事故慰謝料の相談をするタイミング

交通事故慰謝料にはふたつの種類があります。ひとつは入院・通院をしてけがの治療を受けたことに対するもの、そしてもうひとつは後遺障害が残ってしまった時に障害に対しての慰謝料です。
慰謝料を計算する基準は自賠責・任意保険・裁判と3つあって、自賠責保険基準では安く裁判基準では高く慰謝料が計算されますのでどの基準を使うか金額はかなり違います。また後遺障害分の慰謝料は障害の認定等級によって決まり複雑です。
被害者が損なく、正統な慰謝料をもらうためには、交通事故慰謝料が得意な弁護士に示談を代行してもらうのが一番よい方法です。慰謝料は裁判基準で正当に計算してもらえますし、後遺障害の認定申請についても有利なアドバイスをもらえます。
障害の等級申請は症状が固定した時点でできますが、事故に遭ってしまったらできるだけ早いタイミングで弁護士に相談してサポートしてもらえばより安心です。