交通事故慰謝料の相談をするタイミング

交通事故慰謝料にはふたつの種類があります。ひとつは入院・通院をしてけがの治療を受けたことに対するもの、そしてもうひとつは後遺障害が残ってしまった時に障害に対しての慰謝料です。

慰謝料を計算する基準は自賠責・任意保険・裁判と3つあって、自賠責保険基準では安く裁判基準では高く慰謝料が計算されますのでどの基準を使うか金額はかなり違います。また後遺障害分の慰謝料は障害の認定等級によって決まり複雑です。

被害者が損なく、正統な慰謝料をもらうためには、交通事故慰謝料が得意な弁護士に示談を代行してもらうのが一番よい方法です。慰謝料は裁判基準で正当に計算してもらえますし、後遺障害の認定申請についても有利なアドバイスをもらえます。
障害の等級申請は症状が固定した時点でできますが、事故に遭ってしまったらできるだけ早いタイミングで弁護士に相談してサポートしてもらえばより安心です。

交通事故慰謝料を請求する前に

交通事故慰謝料を請求するうえで知っておきたいことのひとつが、慰謝料額の計算基準です。交通事故慰謝料の計算基準には3種類あって、弁護士を通じて交渉する弁護士基準での請求額が最も高くなる傾向にあるのです。もちろん弁護士へ依頼した際の着手金や報酬など、費用がかかることも事実です。

しかし、受け取れる金額に数倍もの差が出るならば、多少の負担は必要経費として割り切れるのではないでしょうか。ただし法律事務所によって、依頼料には差がありますし、弁護士だからといって必ずしも交通事故問題に強いという保証はありません。依頼をする前に実績をしっかり調べて、初回相談ではどのくらいの金額がかかるのかを確認しましょう。

交通事故慰謝料相場について

交通事故に遭った際に、慰謝料はいくらもらえるか、相場はいくらくらいなのか分からないものです。まず交通事故慰謝料の相場についてですが、これには3つの基準があり、最も金額が低い自賠責基準、金額が中間の任意保険基準、そして最も金額が高い弁護士に依頼する事で請求可能な、弁護士基準があります。

また、慰謝料と聞くと全てをひっくるめて得られる示談金だと思われる方も多いと思われますが、この慰謝料にも3つの種類があり、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料とあります。後々の生活の事を考え、後悔しないよう慰謝料は大事な事として捉えておきたいものです。

交通事故慰謝料 の3つの基準について

交通事故に遭ってしまった時、請求する交通事故慰謝料 には3つの基準があります。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責保険基準は最低限の補償をするためのものであり慰謝料額は1番低くなります。ただし、過失割合がある場合は、任意保険基準よりも高くなる場合もあります。

任意保険基準は、自賠責保険基準よりは高くなります。また、保険に関わることには詳しいですが、法律的なことには詳しくないため、抜けがある場合があります。弁護士基準が1番慰謝料は高くなり、法律にも詳しいので全て任せられ、安心で確実です。

交通事故慰謝料には違いがあることをご存知ですか?

交通事故慰謝料は違いがあるのをご存知でしょうか。一般的には自賠責保険基準・任意保険会社基準・弁護士基準に分かれます。慰謝料の計算は自賠責保険基準が低く、続いて任意保険会社基準、弁護士基準となります。怪我が大きければ大きいほど、どの金額で相手保険会社と示談をしていいのかわからなくなります。

後遺障害が残るのか、このまま社会復帰できるのか…さまざまな不安が出てきます。そのような時は、示談交渉は弁護士に委任し、自身に代わって慰謝料の請求をしてもらいましょう。ご自身で相手保険会社と示談交渉をするよりも、少しでも賠償額が増えるかもしれません。

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について