交通事故慰謝料の3つの基準とは

交通事故慰謝料には3つの基準があります。自賠責のものと任意保険のもの、そして裁判基準です。自賠責のほうは機械的に決まっているものです。任意保険のほうは、任意保険会社が独自に決めているもので、怪我の重症度や治療期間によって、自賠責のものより低かったり高かったりします。裁判のほうは、裁判で判決を得たときに得られる額をもとにしています。

3つの中で最も高額となりますが、個人で任意保険会社と交渉してその額の慰謝料を得られることはありません。裁判をするか、ADRを利用するか、弁護士に交渉を依頼するかして、初めて得られるものです。

交通事故の慰謝料は弁護士に相談

交通事故で、慰謝料を請求するケースは少なくありません。よくあるのが、死亡事故や重傷を負わせてしまった場合です。万が一、被害者となり加害者側が、提示してきた賠償金が妥当かどうかや、裁判に発展してしまったときには、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士は、被害者が受けた精神的苦痛も考慮して、慰謝料の請求を行います。保険会社では、この対応ができないため、提示する賠償金内には含まれていないことが多いです。心身共に受けた傷には、しっかりとした賠償金が払われなければいけません。お悩みの方は是非相談してみてください。

交通事故慰謝料の基準は大変

意外と基準が難しいとされている部分も多くなっていて、弁護士が出している基準の内容を把握するのは大変とされています。しかしこの内容をしっかり考えないと、交通事故慰謝料というのは考えていくのが難しく、交渉に失敗する可能性も出てしまいます。

多くの人が見ていることですから、とにかく問題なく完了することを前提として、しかも弁護士が出している内容から考えていきます。自分の気持ちだけで考えないようにして、とりあえず交渉をしっかりと進められるためにも出してもらってください。後は交渉がしっかり終わるように自分で考えていきます。

交通事故慰謝料の事故事例をしらべてみる

予期せぬ交通事故にあってしまうこともあります。怪我を負ってしまうこともあるでしょう。治療をしっかりとやってもこれ以上は治ることがないというときは医師によって症状固定の診断をしてもらうことになります。

この診断をもとに、加害者側の保険会社から慰謝料が決められるのですが、交通事故慰謝料は自分の思うような金額にならないことが多いです。その場合は、いろいろな事例を参考にしながら弁護士に相談するといいのです。とくに交通事故の事例に詳しい弁護士に相談することが大切です。泣き寝入りはしないでしっかりと相談していくことが大切です。

交通事故慰謝料の基本的な基準

交通事故慰謝料の基本的ことに関しては、3つの基準をあげることができます。一番高いものとされている弁護士の基準や、他にも自賠責保険や任意保険などがあります。どれが認められるかで慰謝料は大きく異なってきますので、被害者側にとってどれが認められるかは大きなことと言えるでしょう。

少しでも多く金額を受け取りたいようであれば、弁護士に依頼して交渉してもらうことが一番の得策であることが言えるでしょう。何らかの被害を受けているのであれば、正当であることが言えますので、しっかりと金額を受け取る事は当然のことであります。