交通事故慰謝料は弁護士基準が一番有利

交通事故慰謝料を計算するには、基準が3つあります。
それは、金額の安い順に自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準です。

被害者がいくら請求するかは、事故の当事者双方が示談交渉の場を設けて決めていきます。
ここで、双方の当事者と言っても加害者は任意保険の示談代行サービスを利用しますので、保険会社の担当が交渉の代理人になります。

保険会社は、賠償金を少なく抑えるために安い自賠責基準で計算して提示するのが一般的です。そのままでは被害者は大変損をしてしまうので、交通事故弁護士が在籍する法律事務所に示談代行を依頼し、弁護士の基準で計算し直した金額を請求してもらうのが最善の対処です。