交通事故相談で日弁連基準の慰謝料を

交通事故の被害者は、精神的に受けたダメージに対する損害賠償金として慰謝料を請求することができます。この慰謝料は精神的な苦痛に対して支払われるものなので個人差が大きく、不公平が生じないように算出基準が設けられています。

基準は、自賠責は基準・任意保険基準・日弁連の基準と3つあります。日弁連の基準は弁護士基準とも言い、裁判の判例を損港に慰謝料を計算するもので3つの基準の中では最も高い慰謝料が計算されます。

交通事故の被害者になってしまったら、自分ひとりで加害者側と示談交渉するのではなく早めに交通事故相談をして弁護士のサポートを受ければ弁護士基準の正当な慰謝料額で交渉してもらえます。

複数の事故が絡む時は交通事故相談

事故が複数起きている状況で全ての問題を解決することになったのであれば、交通事故相談を行ってください。1つ1つの状況について考えてもらうことが重要になりますので、事故の様子などを伝えるようにして、全ての事故が解決できるようにします。

解決できないまま問題を放置していると、かなり大きな慰謝料の支払いが待っているので、事故を起こして複数の車に影響を与えているのであれば、一括で解決できる方法も検討していくのです。状況を整理して、一括で問題解決できるようになっていることで、より早期の解決が図られることになります。

細かい部分は交通事故相談では避ける

事故の細かい部分まで相談しても、交通事故相談で解決する状況が作られないこともあります。なるべく早く相談を実施したいなら、細かい情報は後回しにして、先に大きな部分を考えてもらうようにしましょう。

弁護士を紹介してもらうことが何よりも大事ですし、まずは経験のある知人などに相談していくことで、弁護士などに対応してもらえやすくなるので安心できます。交通事故相談の場合は、そこまで小さい話をしないで、事故の様子などをしっかりと分かってもらうようにします。大まかな情報を整理できるようになってから、起きているときの細かい情報までしっかり伝えるようにしておくのです。

交通事故相談をおこなうメリット

交通事故を起こしてしまったとき、保険会社だけでなく、弁護士にも交通事故相談をすることができます。もらい事故など自分に過失がなければ、交通事故の示談交渉は基本的には自分でおこなっていくことになります。

しかし、保険会社が提示する示談金額が妥当であるかを知りたかったり、慰謝料の金額をアップさせたい場合などは、交通事故弁護士に相談することで、問題の解決へと導けます。ほかにも、後遺障害等級認定を適切に受けたかったり、後遺障害等級認定に納得がいかず、異議申立てをしたいときには、保険会社との窓口役となってくれます。

TOP > 交通事故相談 > 交通事故相談で日弁連基準の慰謝料を

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について