交通事故相談で日弁連基準の慰謝料を

交通事故の被害者は、精神的に受けたダメージに対する損害賠償金として慰謝料を請求することができます。この慰謝料は精神的な苦痛に対して支払われるものなので個人差が大きく、不公平が生じないように算出基準が設けられています。

基準は、自賠責は基準・任意保険基準・日弁連の基準と3つあります。日弁連の基準は弁護士基準とも言い、裁判の判例を損港に慰謝料を計算するもので3つの基準の中では最も高い慰謝料が計算されます。

交通事故の被害者になってしまったら、自分ひとりで加害者側と示談交渉するのではなく早めに交通事故相談をして弁護士のサポートを受ければ弁護士基準の正当な慰謝料額で交渉してもらえます。