加害者から正当な交通事故慰謝料をもらう

慰謝料というのは、精神的に受けた苦痛の賠償金として支払われるお金です。交通事故の被害者の方は、治療費や休業で減ってしまった収入などと合わせて交通事故慰謝料を加害者に損害賠償請求することができます。

交通事故慰謝料については、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と3つの計算基準があります。このうち、慰謝料の額が一番高く計算されるのは弁護士基準です。

交通事故慰謝料の額は当事者間の示談交渉で決定しますが、加害者は任意保険の特約を使って保険会社に示談の代行を依頼するのが一般的です。保険会社は賠償額を抑えるために安い基準で慰謝料を計算して示談金として提示しますので、そのまま応じてしまっては損をしてしまいます。
弁護士に相談してサポートしてもらえば、弁護士基準の正当な慰謝料で交渉でき有利です。

交通事故慰謝料に設けられる弁護士基準

交通事故の被害に遭ってしまった際、加害者に対して請求される交通事故慰謝料には、事故が原因とされる怪我の治療や入院に関する費用の他、仕事を休業した場合の補償なども含まれます。

個人的に対処することも可能な事柄ではあるものの、思うような条件交渉が進められなかったり、提示された内容への判断基準が分からなかったりするケースもあり、弁護士をはじめとする法律専門家への相談も有効的です。定めの通りに問題を解決させるためのアドバイスが受けられる他、弁護士基準での請求額は一般の金額よりも多く支払われることもあります。

弁護士基準を知らないと怖い交通事故慰謝料の問題

交通事故慰謝料を請求する時に知っておかなければいけない事は、慰謝料を決める基準が人によって何倍も異なる事、保険会社は痛みを分かち合うことができる味方では決して無いという事、面倒な手続きや資料作成がある事です。

慰謝料を決める基準には、被害者が最低限の保証として受け取れる額を定めている自賠責基準と過去の裁判例をもとに妥当な金額を提示できる弁護士基準があり、この差はとても大きいものです。保険会社は悪までもこの最低を提示している事を肝に銘じておく必要があり、弁護士基準で慰謝料を得るには、しっかりと司法書士や弁護士に相談し、交渉を行ってもらう必要があり、面倒な作業もすべて行ってくれます。

交通事故慰謝料は弁護士基準で計算しましょう

交通事故の被害者になった場合は、交通事故慰謝料をもらうことが出来ます。慰謝料の計算方法は3つあり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準で計算をしています。一番安価なのが、自賠責基準で、一番高価なのが弁護士による計算方法です。この差は倍以上あるケースもあります。

ですので、事故に遭って最初に提示してくる、自賠責基準による慰謝料で納得がいかない場合は、弁護士に依頼をして慰謝料を引き上げてもらうようにしてください。弁護士は全ての交渉を代理で行ってくれるので、とても便利ですし簡単に慰謝料を引き上げることが出来ます。

弁護士基準での交通事故慰謝料によるメリット

交通事故慰謝料における手続きは、交通事故の被害に遭ってしまった被害者の方が、加害者に対して行えるものとされています。両者の間には、保険会社が介入した上での条件交渉が進められるものの、提示条件に対する個人的な判断が不可能な場合や、スムーズな交渉に至らない場合などにおいては、弁護士への相談も有効的です。

弁護士基準としての慰謝料額が設定され、通常よりも多くの金額が支払われるケースもあるなど、被害者の立場として損しないための対策が立てられることもあります。無料で取り扱われている業務内容も多く、気軽に相談できます。