後遺障害認定による交通事故慰謝料

後遺障害認定は交通事故後の示談金や慰謝料の請求金額に大きく関係します。該当するかどうかは、自分自身で判断することができません。医師が書いた診断書を提出し、損害保険料率算出機構の審査を受けて認定される必要があります。

認定されると、交通事故の加害者側に、通常の交通事故慰謝料とは別に後遺障害慰謝料と逸失利益を請求することが出来ます。
逸失利益とは、将来にわたって失ってしまった利益のことを指します。交通事故に合わなければ得られるはずであった収入の損害分などがこれに当たります。認定基準に即した資料を作るには、弁護士など専門家のアドバイスを受けるのが良いです。

交通事故慰謝料の金額について

似たような事例でも、交通事故慰謝料に大きく差が出る場合があります。まず、交通事故慰謝料には、怪我に対する治療費や入院費、事故が原因で受けた精神的苦痛に対する慰謝料、物損などの賠償請求が含まれます。

この慰謝料の計算方法にどの基準を適用するかによって、金額が変わってくるのです。弁護士基準を適用すると受け取れる慰謝料額が最も高くなる可能性があります。もちろん依頼料もそれなりにかかりますし、裁判を起こすとなると解決まで長期化することも珍しくありません。事故の状況や相手の対応によっては、示談に応じて相場程度の慰謝料を受け取ることも選択肢に入れておくべきでしょう。

ペットが事故にあった場合の交通事故慰謝料

人身事故に遭った場合、入通院費など被害状況に応じた額の慰謝料を請求することができます。では、ペットが交通事故に遭った場合はどうなるのでしょうか。家族の一員であるペットはかけがえのない大事な存在ですが、法律上では飼い主の所有物とみなされ、物損扱いされます。

通常、物損事故では精神的苦痛に対する慰謝料請求はできないこともあり、被害を訴えて慰謝料を受け取るのは難しいと考えておいた方がよいでしょう。しかし、交通事故が原因でペットが死亡したり重度の障害を負ったりしたことに対して、交通事故慰謝料が認められた事例もあります。

交通事故慰謝料を算出するのに赤本と青本による値段の差は

交通事故慰謝料を算出するのに赤本と青本のどちらを使用するかによって金額に違いがでます。主に赤本は首都圏がメインで、青本はそれ以外の地域で使用されるのが基準となっています。それでは値段の差を交通事故慰謝料 事例として、後遺障害14級ではどうなるのでしょう。

赤本は110万円、青本は90万から120万円となっています。赤本は金額が明確になるのに対して、青本を使用した場合、値段が少なく計算されることが多くなっています。そのため、双方を比較すると赤本を採用した場合のほうが多くの慰謝料をもらえる可能性が高いと言えます。

交通事故慰謝料 を高額にするには弁護士に相談しよう

交通事故慰謝料は、どうせなら多くもらいたいと思うのは自然なことです。交通事故慰謝料には3つの基準があります。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責保険基準は必要最低限の補償をしてくれるためのもので、慰謝料の額は1番低くなります。

任意保険基準は、自賠責保険基準よりは高くなるものの、低い掛け金を売りに契約者を伸ばしている営利企業なので、支払う額は安く済ませたいのが本音です。弁護士基準は依頼人から依頼料をもらい契約するので、依頼人の痛みや気持ちに親身に寄り添い、権利を最大側主張してくれます。慰謝料額は1番高くなり、弁護士に依頼した途端慰謝料が跳ね上がった事例も多く存在します。

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について