後遺障害認定による交通事故慰謝料

後遺障害認定は交通事故後の示談金や慰謝料の請求金額に大きく関係します。該当するかどうかは、自分自身で判断することができません。医師が書いた診断書を提出し、損害保険料率算出機構の審査を受けて認定される必要があります。認定されると、交通事故の加害者側に、通常の交通事故慰謝料とは別に後遺障害慰謝料と逸失利益を請求することが出来ます。
逸失利益とは、将来にわたって失ってしまった利益のことを指します。交通事故に合わなければ得られるはずであった収入の損害分などがこれに当たります。認定基準に即した資料を作るには、弁護士など専門家のアドバイスを受けるのが良いです。