正当な慰謝料を受け取るために交通事故弁護士に相談

交通事故の慰謝料には、個人差の大きい精神的な苦痛に対する賠償金を定額化するために計算基準があります。しかしこの計算基準は3つあり、どの基準を使うかでもらえる金額が大きく変わってきます。
示談交渉は通常ですと加害者の保険会社対被害者で行われますが、賠償金を抑えたい保険会社としては安い計算基準で算出した慰謝料を提示することがあり注意が必要です。その金額ですぐに示談に応じてしまうと後からでは取り消しや変更はできませんから、交通事故弁護士に相談をして示談交渉のサポートをしてもらうのが一番です。
交通事故弁護士は、示談全般において被害者にとって有利な交渉を進めてくれるのでもらえる金額が何倍にも増えるケースがよくあります。