追突事故の慰謝料の交渉には交通事故弁護士を活用

追突による交通事故に遭った場合は、むちうち症などの後遺症が残る怪我を負う可能性があります。
交通事故直後に症状が見られなくても、すぐに病院で診察を受けて症状が見つかれば、すぐに人身事故として警察に申告する必要があります。
人身事故の被害者として認められれば加害者に対して慰謝料を含めた損害賠償金を請求することができますが、妥当な慰謝料が受け取れる示談交渉ができる自信がない場合は交通事故弁護士に示談交渉の代理人になってもらうのも良い方法の一つです。
交通事故弁護士は裁判所ではない示談の場でも過去の裁判判決を基準に慰謝料を割り出すことができます。