追突事故の慰謝料の交渉には交通事故弁護士を活用

追突による交通事故に遭った場合は、むちうち症などの後遺症が残る怪我を負う可能性があります。
交通事故直後に症状が見られなくても、すぐに病院で診察を受けて症状が見つかれば、すぐに人身事故として警察に申告する必要があります。

人身事故の被害者として認められれば加害者に対して慰謝料を含めた損害賠償金を請求することができますが、妥当な慰謝料が受け取れる示談交渉ができる自信がない場合は交通事故弁護士に示談交渉の代理人になってもらうのも良い方法の一つです。
交通事故弁護士は裁判所ではない示談の場でも過去の裁判判決を基準に慰謝料を割り出すことができます。

むちうち慰謝料相場 の3つの基準について

交通事故に遭い、むちうちになってしまった場合に請求する、むちうち慰謝料相場 には3つの基準があります。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責保険基準は最低限の補償をしてくれる基準となっており、慰謝料は1番低くなります。

任意保険基準は自賠責保険基準よりは高額ですが、保険に関係すること以外の交通事故やむち打ちの知識は浅い上、営利企業である為、支払う金額は少なくしたいのが本音です。弁護士基準は1番慰謝料額が高くなります。 交通事故弁護士 は、依頼料をもらい担当する為、事故の状況やむちうちの症状をしっかり聞き、出来るだけ多くの慰謝料が取れるよう努力してくれます。

交通事故でのむちうち慰謝料相場

交通事故でのむちうち慰謝料相場はどのくらいになるのでしょう。まず、慰謝料は自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準があります。自賠責基準は3つの中でも一番低い金額となります。治療期間が2ヶ月の間に治療日数が20日の場合を例にします。

1日4,200円で実通院日数の2倍または通院期間の少ない方を基準日数にして計算します。次に上記の例で計算したとしても任意保険基準よりも弁護士基準の方が高額になるので、3つの手続きの中で弁護士基準が一番高くなっています。また後遺症認定の手続きや交通費請求や休業請求なども相談・交渉してくれるので交通事故弁護士に依頼するのが良いですね。

事故に遭ったら交通事故弁護士に相談

もしも事故に遭ってしまったら、賠償金や示談金について誰に相談すると良いのでしょうか。そんなとき、交通事故に強い交通事故弁護士に相談するという手があります。弁護士に依頼すると高額の費用がかかってしまうことを心配する方も多いかもしれません。

しかし、なんの知識もない素人が直接話し合いをするよりも、専門知識を持ち交渉術にも長けている弁護士に介入してもらうことで、もらえる賠償金や示談金が増額し、結果的にプラスとなるということもあるのです。また、相談料・着手金が無料の弁護士事務所もありますので、試しに相談してみて損はないのではないでしょうか。

交通事故で泣き寝入りだからこそ交通事故弁護士

交通事故で泣き寝入り警察や保険会社また病院は、被害者の味方では、必ずしもありません。損害賠償請求を請求するには、高度な専門知識を用いた算定をしなければなりません。保険会社の言い成りの金額は、満足できないはずです。

弁護士も得意な分野がありますので専門家を選ぶこと必要です。離婚慰謝料請求が得意な弁護士に頼んでも損をするだけです。保険会社の提示金額が妥当かわからない、なぜか自分の過失が大きくなっている、痛みがあるのに保険会社から治療を打ち切られた、後遺障害等級が低いなど諸問題を解決するためには、専門知識を持つ交通事故弁護士に依頼して悩み事を解消する事が一番です。

TOP > 交通事故弁護士 > 追突事故の慰謝料の交渉には交通事故弁護士を活用

関連

MENU

TOP むちうち慰謝料の相場 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故相談 交通事故慰謝料・賠償金 交通事故弁護士について 交通事故相談について