むちうち慰謝料額の相場

交通事故にあってむちうちになった場合、その慰謝料はどのくらいのものなのでしょうか。むちうち慰謝料の相場は、症状の重さや、後遺症が残るかどうかによっても異なるため、一概には言えません。むちうちで実際に通院した日数や治療にかかった日数から考えて、具体的な金額を算出します。

また、慰謝料は精神的苦痛に対して支払われものであるので、事故によって大きな精神的苦痛を受けた場合は、さらに多くの慰謝料が支払われることになります。また、むちうちによって仕事が出来なくなった場合は、その間休業した分の損害金が合わせて支払われます。

むちうち慰謝料はもらわないと後々後悔

むちうち症になる一般的な原因は交通事故があげられます。事故直後は症状が出ていなくても、後に症状が出てくる、しかも完治はまず見込めない、後遺症認定もされづらいという厄介な怪我です。 むちうち症は季節や気候の変化により症状が楽になったり酷くなったりと、日時生活に支障をきたす程の重症になることもあり得ます。交通事故などの被害者ですと、加害者の加入している保険会社からむちうち慰謝料は支払われることになりますが、その慰謝料の相場となるのが、自賠責基準と弁護士基準の二つがありほとんどの保険会社は自賠責基準で慰謝料を提示します。弁護士基準の方がもらえる金額も高いので、しっかりと比べることが大事です。

むちうち慰謝料の提示が低いとき

交通事故で相手の保険会社の慰謝料の提示が低い物のひとつに、むちうち慰謝料があります。むちうちは骨折などの目に見える怪我では無いため、被害の立証がなかなか難しいです。慰謝料の算出には、実際に被った被害の金額ではなく、自賠責保険の安い相場の金額を算出して提示される場合があります。

慰謝料の算出方法は他にもあります。保険のプロと知識のない素人の戦いになるので、いろいろな知識を持った法律家を味方につけて戦うか、自分で調べて戦うかの選択をする事になると思います。被害にあって泣き寝入りしないためには、日頃からの知識と心の準備が必要です。

むちうち慰謝料は弁護士に依頼するべき

交通事故などの衝撃を受けたことで、痛みやしびれを身体中に感じる怪我をむちうちと言います。その多くは通院して治すことができ、治療期間の長さで慰謝料の相場も変動します。治療が終わっても症状が改善しない場合後遺障害が認められます。

むちうち慰謝料は本人だけで交渉していると、すごく低い金額になるようなので弁護士に依頼した方が金額は上がります。6ヶ月位、通院していると途中で保険会社から治療中止の要請がある場合もありますが、治療を中止してしまうとむちうち慰謝料が減ってしまいますので、弁護士や主治医に相談をして治療の必要があれば、治療を続けた方がいいです。